聖心学園ブログ

BLOG

  1. HOME
  2. 聖心学園ブログ
  3. 6月6日は聖心学園中等教育学校 16回目の創立記念日です。

2018.06.05

聖心学園ブログ

6月6日は聖心学園中等教育学校 16回目の創立記念日です。

 

 

平成15(2003)年4月3日に開校式を挙行し、平田静太朗理事長が聖心学園中等教育学校の開校を宣言され、本校の歴史が始まりました。今春、第16期生を迎え、いよいよ開校16年目がスタート。開校当初は全校生徒39名という小さな学校でしたが、約280名が在籍する学校に成長しました。また、約680人の卒業生が本校を巣立ち、社会の第一線で活躍しています。

創立記念日は、平成15年6月6日に、橿原神宮で「校旗入魂式」を挙行し、緑色の布地に金糸で校章の「三つ葉柏」や校名が刺繍された美しい校旗に魂を入れていただいたことにちなんで制定されました。

また、8月8日には開校記念祝賀会が挙行され、出来上がったばかりの校歌が第1期生によって披露されました。校歌の歌詞には、第1期生が体験の日で橿原神宮や明日香村を散策して感じた言葉が盛り込まれています。

6月6日は休業日となりますが、本校の誕生日ともいうべき大切な日を、本校の歴史に想いを馳せ、一人一人が本校の一員であることに自信と誇りを持って過ごしてください。


写真は平成15年6月6日に行われた校旗入魂式の様子です。

back top